香港にある多民族雑居ビル・重慶大厦(チョンキンマンション)の紹介サイトです。

{香港・重慶大厦(チョンキンマンション)への招待}

重慶大厦の客引き
- 客引きにはついて行くべからず -

◆当サイトについて ◆リンクについて ◆業務協力歓迎 ◆広告掲載 ◆運 営



アクセス解析


" 結論から言うと、宿の客引きにはついて行かない方が無難です "


 客引きにまつわるトラブルは数限りなくたくさんあります。これは決して大げさな言い方ではありません。重慶大厦が悪いわけではないのですが、重慶大厦を利用するにあたって最も気をつけなければいけないことです。重慶大厦の宿のオーナーさん達の間でも問題になっています。
 ※一応、条例によって路上で客引きをすることは禁じられています。

■ 客引きのタイプ
客引きには、おもに下記の三つのタイプに分けることができます。
   @現地人のプロの客引き
   Aバックパッカー又は出稼ぎ外国人による客引き
   Bオーナー一家の客引き
@Aには、それぞれ良心的な人と悪い人とがいます(Bにも悪人がいないわけではありませんが)。

■ 客引きについていくと・・・ (トラブル例)
では、客引きについて行くとどういうことになるのでしょうか?
  ▼まず、良心的な客引きについて行ったとしても、彼らは宿からのキックバックで生活しているのですから、通常の宿泊料金よりも、当然、高い金額を取られるはずです。宿の経営者が客引きの手数料を負担していると思ったら大間違いです。深夜など、どの宿に空室があるかわからず、疲れているのですぐにチェック・インしたいなどという時は、多少高い金額を請求されるのは覚悟で客引きを利用するという手はあります(初心者の方にはおすすめできませんが)。
  ▼では、悪い客引きの場合はどうでしょうか?
     @かなりの金額をボラれる。しかも、連泊する予定だとわかると、全泊分高い金額で前払いさせようとします。
     A自分の行きたい宿の名を告げると、そこへ連れて行ってやると言って違う宿へ連れて行かれる。
     B無許可営業の宿に連れて行かれる。
     C荷物を運んだので、運び代と称して大金を取られる。
などなど・・・。

■ 補足
 旅行ガイドブック「地球の歩き方/香港(第15版)」の『客引きによるトラブル続出』の項に載っている表現は、誤解を招くおそれがあるので少々解説させていただくと・・・。
 客引きについて行くと、「インチキゲストハウスに連れて行かれ」とありますが、必ずしもインチキ・ゲストハウスとは限りません。私の経験から言わせていただくと、ちゃんとした(この場合、営業許可をちゃんと取っている宿を指す)ゲストハウスに連れて行かれることの方が多いと思います。ただし、インチキでなくても大幅に料金をボラれることはもちろんあります。また、「ライセンスを持っているゲストハウスは路上で客引きなどやらない」とありますが、そんなことはありません。ライセンスを持った(営業許可を取っている)宿のオーナーや、その宿と組んでいる人も客引きをしています。

■ 客引きに対する心構え。もしも、・・・
もしも、客引きについて行った場合どうすればいいのか?
  @荷物は客引きに持たせない(そのまま持ち逃げされないため)。
  A宿泊料はどんなことがあっても一泊分しか払わない。
  何だかんだと言って全泊分払わせようとしますが、どんなに混んでいるシーズン(旧正月など)でも、重慶大厦中の全ての宿が満室になることはないので、明日から泊まる場所がなくて困るなどということは起こりません。















A
D




香港にある多民族雑居ビル・重慶大厦(チョンキンマンション)の紹介サイトです。
§HOME§


香港にある多民族雑居ビル・重慶大厦(チョンキンマンション)の紹介サイトです。

[§アジア発見のためのリンク§]

※「●」印を付したものは、一部のみ公開又は準備中です。