香港にある多民族雑居ビル・重慶大厦(チョンキンマンション)の紹介サイトです。

{香港・重慶大厦(チョンキンマンション)への招待}

香港の両替事情
- 香港ドルへ両替するにはどうしたらいい? -

◆当サイトについて ◆リンクについて ◆業務協力歓迎 ◆広告掲載 ◆運 営


[広告] ロンドン治験 日本語可 謝礼金約50万円+交通・宿泊補助


アクセス解析
【 香港の両替事情 】
 香港の両替事情は、近年一変してしまいました。近年と言っても、1995年以前のことですが。しかし、いまだにかなり古い情報を載せている旅行ガイドブックや雑誌を見かけます。香港の両替事情はちょっと複雑なので、ガイドブックの製作サイドも細かい所まで調べている余裕がないという事情もあるのしょう。
 
「両替商は高いレートを掲げているけど、コミッション(手数料)を取るので実質レートは低くなる。両替するなら銀行だ」というものや「空港の両替所のレートは極端に悪いので、なるべく空港では両替しないように」というものがそれです。
 もう、これはだいぶ前の話で、今の状況からは遠く離れてしまっています。現在の状況を簡単にまとめるとこうです。一番、実質両替レートがいいのは、
一般的に[両替商(A)]→[銀行]→[両替商(B)]→[ホテル]の順となっています。その他に、デューティーフリー・ショップや薬局などでも両替を行っている所があります。また、両替商・銀行・ホテル・その他は、それぞれの場所(店)によってレートが違うので、一概に両替商が一番レートがいいと言い切ることはできません。両替商(A)というのは重慶大厦内などにある一部の両替商のことで、両替商(B)というのはその他の両替商のことです。それから、現在では通常、両替商では手数料は取りません。 
 ほとんどの旅行ガイドブックが触れていない、香港の両替事情の大きな特徴があります。それは、両替レートが日本のように一日中一定ではなく、市場レートの動きに従って、その瞬間瞬間でレートが変動してしまうということです。つまり、同じ日の同じ銀行・同じ両替商でも、両替した時刻によってレートが違う可能性があるということです。このことを知っていないと、大きな損をすることがありますので気をつけましょう。
 外国為替市場の動きによって両替レートは変動しますが、それ以上に影響を与えるのは曜日と時刻です。これはどういうことかというと、外国為替市場が開いている時間帯はその状況を参考にしながらレートを変動させることができますが、市場が閉まった後は、市場の直近の終値を参考にするしかありません。市場が閉まっている間、銀行は両替業務をやっていないので関係ないのですが、両替商は朝や夕方以降、また、日曜・祭日もオープンしている所があります。そういう場所では、レートの急激な変動による損害を防ぐために、市場が閉まっている時には極端にレートを下げていることがあります。
 つまり、いかにレートのいい両替商といえども、市場の開いていない
朝や夕方以降、日曜日や祭日には極端に両替レートを下げてくることがあります。この間には、両替するのを避けるのが賢明です。まあ、ホテルのレートは一日中変わらないみたいですけど、もともとレートが低いのであまり関係ありませんね。それから一般的には、香港ではT/Cよりも(日本円の)キャッシュの方が実質レートはいいです。
 香港においては、両替方法によってはかなり受け取り金額に違いがでてきますので、賢く両替をするようにしましょう。


【 香港・銀行、両替 関連リンク集 】
香港銀行公会 (THE HONG KONG ASSOCIATION OF BANKS/HKAB)
恒生銀行 (HANG SENG BANK)
香港上海匯豊銀行 (HSBC)
スタンダード・チャータード銀行 (STANDARD CHARTERED)
中国銀行 香港 (BANK OF CHINA / Hong Kong)
交通銀行 香港分行 (BANK OF COMMUNICATIONS HONG KONG BRANCH)
シティ・バンク (CITIBANK)
GPA (グリーンポート・エージェンシー)
Travelex (トラベレックスジャパン)
Travelex (World Wide)
Travelex (Hong Kong)
ワールド カレンシー ショップ(鞄結档Nレジットサービス)



A
D




香港にある多民族雑居ビル・重慶大厦(チョンキンマンション)の紹介サイトです。
§HOME§


香港にある多民族雑居ビル・重慶大厦(チョンキンマンション)の紹介サイトです。

[§アジア発見のためのリンク§]